小松菜の栄養・健康効果・選び方・保存方法

アクが少なく下ゆで不要!使いやすい青菜「コマツナ」

冬の野菜で旬は12~3月

ハウス栽培で1年中手に入る

 

栄養

栄養価の高い緑黄色野菜で、カルシウムは、ほうれん草より約5倍多く含む

カルシウムの吸収を助けるビタミンKを多く含み、骨粗鬆症予防になる

葉酸、ビタミンC、ビタミンA、カロテン、亜鉛、カリウムなど含む

 

健康効果

骨粗鬆症の予防

美容・美肌

貧血予防

 

選び方

葉は肉厚で鮮やかな緑色、葉先がみずみずしくピンとしているもの

茎は太過ぎず、根がしっかりしているもの

 

保存方法

新聞紙に包み、ビニール袋に入れ、根を下にして立てて野菜室で保存

冷凍保存も可能で、軽くゆでて小分けしてラップで包み冷凍保存

 

調理

傷みやすい野菜なので、出来るだけ早く食べる

アクが少なく、洗っただけで調理可能で、使いやすい青菜

肉・魚・豆腐など、タンパク質との組み合わせでカルシウムの吸収率が高まる

きのこのビタミンDも、カルシウムの吸収率を上げる

強火で手早く調理することで、ビタミンCの損失も少なくなる

 

 

投稿日:
カテゴリー: 野菜

作成者: モタロヲ

中に人が入っているんじゃないかと噂の猫。ゴロンと横になっている姿を見るとちょっとはやる気を出せよと言いたくなる。