チンゲン菜の栄養・健康効果・選び方・保存方法

クセのない淡白な味でシャキシャキ食感!生まれは中国「チンゲンサイ」

アクがなく下処理なしで手軽に使える便利な緑黄色野菜

旬は9~1月

 

栄養

カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富

油で炒めるとビタミン・ミネラルの吸収率がアップ

肉・魚などタンパク質と合わせるとカロテン・カルシウムの吸収率がアップ

 

健康効果

便秘解消、整腸

二日酔いには青汁

 

選び方

濃く鮮やかな緑色でハリがある

葉が黄色に変色してないもの

茎は薄緑色で幅広く根元までピンとハリがある

おしりは切り口がきれいで肉厚、根元に丸みがある

 

保存方法

軽く霧吹きして新聞紙に包み野菜室で保存

冷凍保存はカットしたものを保存袋に入れ、凍ったまま炒め物や煮物に使用

 

調理

炒め物、煮物、お浸し、和え物、スープ、クリーム煮、ラーメンの具などに

油調理やタンパク質と合わせることで栄養の吸収率がアップ

投稿日:
カテゴリー: 野菜

作成者: モタロヲ

中に人が入っているんじゃないかと噂の猫。ゴロンと横になっている姿を見るとちょっとはやる気を出せよと言いたくなる。